K-POPと日本について

K-POPにおける日本市場は、バブル崩壊後の1990年代から盛り上がってきたようです。

そしてそれは、日本という特異な国をターゲットとして考えるアーティストの増加によるものだと考えられています。

K-POPのアーティストが日本で活躍する中には、日本語の曲を歌っている方々もいるようです。

そして日本という舞台で曲を出す為に、日本語の猛特訓をしているアーティストも少なくないようです。

日本と韓国は文法として近い部分がありますので、他の外国語に比べると習得しやすいと言われています。

そしてデビューするアーティストだけでなく、プロダクション側としてもビジネス交渉やマーケティングを行いやすいようです。

韓国人アーティストは日本人よりも安価な労働力と言えますので、素材として魅力的な存在だと考えられています。

そして韓流ドラマがブーム化したことによって、この傾向により拍車がかかったと考えられています。

韓国で生まれ育ったアーティストであっても、日本という市場に乗り出す準備をしている方々はとてもたくさんいます。

そして近年では魅力的な容姿を持っているミュージシャンが増えてきていますので、日本人女性の憧れの存在がK-POPの中に出てきているようです。